パリのマレ地区、クリスチャン・ラクロワのデザインによる客室

17の客室とスイートを数えるホテル・デュ・プチ・ムーラン

内装がそれぞれ異なるホテル・デュ・プチ・ムーラン・パリの客室とスイートは、どの空間も個性あふれる色合いと趣を放っています。
そしてどの空間も最新のトレンド、大胆さ、シンプルさを備えているほか、ひとつひとつのディテールがその部屋独自の雰囲気に融合するハーモニーを奏でています。

「それぞれの部屋に物語の始まりを語らせ、部屋を訪れるお客様にその物語を続けてもらうのです」

クリスチャン・ラクロワ

「ジュイ布で飾られた田舎風のマレからミニマルなデザイン「zen」のマレへ。ダマスク織りを用いた歴史的なマレから遊び心を感じるマレへ。水玉模様のカーペットを基調に白く縁取られた黒漆の扉が並ぶイングリッシュ・グリーンの廊下から「遊び感覚の」柱形とコーニス、コンソールの内装まで。ベネチア風の鏡、セラミックのパッチワーク、パノラマの壁紙で温かみを演出する現代風のスレートやコンクリートの浴室から、バロック風、ロココ風、そして「クチュール」の部屋まで。洗練された21世紀からたちまちノスタルジーの世界へ。男性から女性へ。北から南へ。花模様から縞模様へ。古金色から鮮やかな緑色へ」

クリスチャン・ラクロワ

> オンラインで予約
> スペシャルプラン