パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌにほど近い4つ星ホテル、パヴィヨン・デ・レトル

Photo - illustration

パヴィヨン・デ・レトル・・・パリ初の文学ホテル!

まさに日常から切り離された空間であるパヴィヨン・デ・レトルは、文学の技巧とインテリアの美学が見事に調和されたホテルであり、フランス文学のみならず世界文学の巨匠または知られざる作家にオマージュを捧げています。

アルファベットの26文字にちなんだ26の客室およびスイートには、各作家の美の世界や詩情が反映されています。

各部屋の扉の奥には、詩人や作家、情熱家、天才たちの魂が秘められており、壁に書かれた作品の抜粋などが部屋に独特な雰囲気を醸し出しています。

美しいイメージに囲まれて眠りにつけば、これら作品のメッセージは夜、夢、詩が繰り広げる空想の世界に根を下ろします。

卓越したインテリアデザイナー、ディディエ・ボンデルリとの出会いの物語。情熱溢れるデザイナーとの対話・・・

ディディエ・ボンデルリは、自らのプロジェクトを文学、絵画、彫刻を組み合わせて、アート同士の繊細な対話を実現した芸術の融合と要約しています。色や素材を遊びのモチーフとし、未加工の素材と柔らかく光沢のあるセンシュアルな素材を対峙させたコンセプトになっており、読書の知的な楽しみと同時に感性の喜びも提供しています。

オフィシャルサイトにアクセス  >